ルーミーの値引き 2017年度

2017年度保存版!ルーミーの値引き方法

こんにちは。元査定士まえすです!
今回は現役ディーラー営業マンと話をしてきまして、ルーミーの値引きについてばっちり聞いてきましたので、それをお伝えします。

 

このページは2017年保存版です。

 

追加や修正があれば、このページで行っていきますので、よろしくお願いします。

 

ルーミーの値引き 2017年度 もくじ

1:ルーミーの値引き相場は?
2:ルーミーの値引きでまずやることは何?
3:ルーミーの値引き商談 1回目
4:ルーミーの値引き商談 2回目
 4-1:ルーミーの値引き 20万円以上を達成する方法【追記】
5:ルーミーの値引き商談 3回目から達成まで
6:ルーミーの値引きと下取り
7:ルーミーの値引き商談 最終

 

ルーミーの値引き相場は?

まえす:
まずは値引き相場を知りたいんやけど

 

現役営業マンM:
そうやね。それを知ってないと、値引きできひんからね。

 

まえす:
ということで、みんな10万円台が多いと思うんやね。出たばっかやし、渋い面もあると思うけど。

 

現役営業マンM:
それくらいやと思うわ。けど、値引きの相場よりも大事なのは目標値やわ。で、目標値は20万円やな。これだけいけば合格点、頑張ってると思うよ。

 

まえす:
ということは20万円いくかいかないか微妙ってこと?

 

現役営業マンM:
10万円台やったら後半いけたらいいと思うよ。そこは店舗とか地域で違うからな

 

まえす:
ぶっちゃけうちらの地域って田舎やけど、田舎と都会で違う?

 

現役営業マンM:
競合ひしめいてて、人口の多い都会はやっぱりそれだけ値引き額も大きいわ

 

まえす:
じゃあ、どうやってルーミーの値引き相場や目標を設定したらいいん?

 

現役営業マンM:
とりあえず、さっき20万円って言ったけど、目標はどの地域でも20万円でいいと思うわ。で、都会なら、20万円いったら合格、地方なら10万円台後半いったら、ルーミーの場合はイイカンジやと思うよ。

 

ということで、値引き相場の話から始まった現役営業マンとの話。

 

まずは、目標値を20万円に設定して、地方なら10万円台、都会であれば20万円を目標にこれから値引きしていきましょう。

 

ルーミーの値引きでまずやることは何?

まえす:
じゃあさっそくルーミーの値引きの話といきたいんやけど、まずやることってある?

 

現役営業マンM:
よしよし、さっそく楽しくなってきたね(笑)じゃあいこか!まず大切なのは、ルーミーの値引きは渋いからこそ、大事なことがあるんよ。

 

まえす:
ほうほう。

 

現役営業マンM:
それはね、まずはライバル車の値引きを頑張るってことやね。

 

まえす:
いきなりルーミーを本命にしないと?

 

現役営業マンM:
そう。ルーミーはね、さっき値引きが渋いって伝えたけど、要するに売れてるんやね。売れてるってことは、ルーミーを本命にしている人が多いってことなんよ。

 

で、営業マンにとって本命の車がうちの車って分かるとどうなると思う?

 

まえす:
そりゃ、値引き渋くなるやろ。本命やったら、結局高くても買ってくれそうやもんな。

 

現役営業マンM:
正解!ルーミーの場合はもっとえげつないで。だって、発売したてやろ?2017年なんて。まだ実際この話してるのは2月やから3か月くらいしか経ってないねんな。だから、発売時期も含めて値引きが厳しくてもなんとも言われへんのよ。

 

要するに買う人にとって情報が不足しすぎている状態やわ。

 

まえす:
そかー。本命にしたらいかんのな。ルーミーは。あくまでライバル車をルーミーにするってことやな?

 

現役営業マンM:
そう、でもルーミーはさっき言ったように売れてるんやね。それだけ客も多いわ。

 

営業マン的にも、どしっとかまえられる車がルーミーやから、だんだんと本命がルーミーになってく感じやな。

 

最初はライバル車がルーミーやけど、だんだん本命がルーミーになってくってイメージや。

 

でも間違えそうやから、とりあえずライバル車がルーミーでいいで〜。

 

まえす:
じゃあ具体的に何をライバルにするのがいいん?

 

現役営業マンM:
絶対間違いないのは「ソリオ」やね。ソリオをライバルにするんがいいわ。

 

この話って、商談の前にすることやったよね?ズバリ言うと、「ソリオ」を本命と考えて、ソリオの商談をまずはすることやね。

 

大事なのは値引きじゃなくてソリオが本命やと自分を偽ること、そこから値引きがはじまるわ。

 

ということで、商談を実際にする前に行うこと、それは「ソリオの見積書」をもらいにいくということです。

 

ここで大事なのは、値引きのために、「ソリオを本命と考えること」だと教えてもらいました。

 

これからそれも含めて話が進んでいきますので、まずは読み進めてください。

 

ルーミーの値引き商談 1回目

まえす:
じゃあ、一回目の商談いってみよか。大事なことって何?

 

現役営業マンM:
実は一回目って、そんなに重要やないねん。

 

ぶっちゃけ、「悩んでるんです」ということと、ルーミーの見積書をもらうだけで終わりでええわ。

 

まえす:
ほんとすることないやん(笑)

 

現役営業マンM:
そやでー。だって考えてみ?本当に欲しいかどうかも分からんのが1回目の商談やで?

 

本当に欲しかったらその後どうなるよ?

 

まえす:
一回で終わりじゃなくて、次の商談にまた足を運ぶわ

 

現役営業マンM:
そうそう、そこが大事や。

 

まえす:
じゃあとりあえず1回目はさらっと流して、2回目を作り出すってことが重要ってこと?

 

現役営業マンM:
そうそう。2回目の商談が行われるには1回目がないとな(笑)そういうことで、とりあえず行って、見積書をもらうこと、それだけやわ。

 

まえす:
でも、それだけじゃあ、何ともしょぼいわ(笑)

 

現役営業マンM:
まぁ、そういうなって。でも大事なのはその後やで?

 

まえす:
どういうこと?

 

現役営業マンM:
だって、ライバル車がルーミーじゃないと値引きってきついねん。本命って何が良かったか覚えとる?

 

まえす:
ソリオやったな。

 

現役営業マンM:
なら、ルーミーの商談終わったら、本当にソリオが本命の人はどうするよ?

 

まえす:
ソリオの商談に行くな。

 

現役営業マンM:
それや。それをやらんとあかんわ。

 

ということで、1回目の商談は、2回目につなげることが目的なので、まだ値引き交渉はする必要はありません。

 

実際、1回目で値引き交渉するのは、印象が悪いそうなので、とりあえず「悩んでる」「条件が良ければ買う」というようなことを伝えておきましょう。

 

そしてまず大事なのは「ソリオ」の値引きです。

 

そこを真剣にやることがルーミーの商談を少なくするとともに、満足いく値引き額を出すことができます。

 

ルーミーの値引き商談 2回目

まえす:
じゃあソリオの値引きをまずしていかないかんし、ソリオが本命な人がとる行動をとってかないかんことが分かったわ。

 

現役営業マンM:
そうそう。

 

そのためにはソリオの良い所も知っておかないかんね。

 

まえす:
そやな。

 

現役営業マンM:
で、2回目の商談がまずソリオで行われるはずや。するとどうなると思う?

 

まえす:
うーん。ちょっと分からん。

 

現役営業マンM:
2回目って値引き額が1回目より大きくなるんやって。条件が良くなる。これ定番やわ。

 

まえす:
そやな、2回目のほうが値引き額は大きくなるな、まだ満足できんけど。

 

現役営業マンM:
そうそう。これって、2回目の商談が行われることで、営業マン的には「お?この人本気なんやな」って思うからや。

 

まえす:
じゃあソリオの値引きもルーミーの値引きも2回目は簡単に出てくるってことやな。

 

現役営業マンM:
そう、2回目はそれが大事や。営業マンの1回目より条件のいい値引きをもらうこと。これは勝手に出てくることが多い。でももし出てこなかったら、「条件良くなりませんか?」的なことを聞くことで、1回目より値引きした見積書が出てくるはずや。

 

ということで、2回目の商談の目的はルーミーもソリオも、一回目より値引きされた見積書をもらうことです。

 

この時大事にしたいのは、

 

「できる限り条件を同じにすること」です。

 

下取りなしなら下取りなしで。

 

下取りありなら下取りありで。

 

オプションも似たようにつけること。

 

これが大事です。

 

あと、現役営業マンMがソリオの良い所を知っておいた方がいいということだったので、調べておきました。参考にしてください。

 

1:乗り心地がソリオの方がいい
2:後部座席の居住性が明らかにソリオが上
3:乗り降りもソリオのほうがしやすい
4:排気量もソリオが上
5:燃費もソリオが上

 

これだけソリオが勝っているところがあります。実際に見に行く時に特に後部座席は見ておいてください。だいぶ乗ってみると違いますよ。

 

ルーミーの値引き 20万円以上を達成する方法

【追記ここから】
ここでは最新のルーミーの値引き方法・テクニックを紹介します。
こちらは筆者自身が実際に値引き交渉を行った、生の体験レポートです(笑)

 

この方法を使うことで、なんといとも簡単に「23万円値引き」ができました。
まだまだ新型車ということで20万円超えは難しいのですが、簡単すぎて一番驚いているのは私です。(笑)

 

さて、その方法はオートックワンを利用する方法です。
結論を見せると、こんな値引き額を手に入れることができました↓

ルーミーオートックワン値引き

 

オートックワンとは「インターネット上で、無料で新車の見積もりができるサービス」なのですが、これが非常に強力です。

 

この値引きが出たら、その会社に足を運んで実際に商談しましょう。
買う店舗が決まっていたら、その店舗に上記のような見積もりを手に入れて見せましょう。

 

交渉・商談のコツは、実際に管理画面のページを見せることです。
正直23万円は営業マンも「本当か?」と疑う金額であることは間違いないです(笑)

 

画面キャプチャは信じてもらえませんので、実際に見積もりをして、それを武器に戦いましょう!

 

ルーミーの見積もり依頼はこちらから

 

【追記ここまで】

 

ルーミーの値引き商談 3回目から達成まで

現役営業マンM:
さて、3回目の話なんやけど、ここからが重要やね。とりあえずこの時点では、2回目の商談でソリオとルーミーの見積書が手に入っとうと思うわ。

 

まえす:
そういうことになるね。

 

現役営業マンM:
で、ここからや。値引きは。

 

ここからは、一番最初に話した「目標額」達成のために突っ走るで。

 

まえす:
よろしく頼むわ。

 

現役営業マンM:
とうとう本格的に、ソリオと競合させていこう。実際ソリオの方が値引きが上やけど、価格的にルーミーのほうが高い。「ソリオは結構いい条件になったけど、ルーミーはちょっときつい、けど今はルーミーのほうが欲しい、なんとかならないか」というスタンスが重要やな。

 

まえす:
ほうほう。

 

現役営業マンM:
あとは、決断は目標達成まではしないこと。これもまた重要やわ。

 

まえす:
じゃあソリオを値引きさせたら、ルーミーの値引き。ルーミーの値引きをしたらソリオの値引きっていうのを繰り返して目標額に近づけていくということ?

 

現役営業マンM:
そうそう。そういうことやわ。

 

まえす:
ぶっちゃけそれできるん?

 

現役営業マンM:
だって考えてみ?この時点で競合させる人って稀やで。ずーっと競合させる人はおらんわ。

 

そのうち、例えば今回はルーミーの話やけれども、その場合、結構最初の方でもうソリオの値引きはせず、ずっとルーミーの商談ばっかしとると思うんや。

 

まえす:
じゃあみんな競合させれてないってこと?

 

現役営業マンM:
そう!その通り。みんな「競合させましたー」って感じで見積書持ってくるわ。けどな、実際ほとんどの人は競合させれてないで(笑)

 

まえす:
競合させてるつもりってことか・・・

 

現役営業マンM:
やから、ずっと競合させることの話をしてきたけど、要はそれや。「本当に競合させなきゃ意味がない」ってことやな。

 

まえす:
でも、そう上手くいくか?

 

現役営業マンM:
そう、そこなんや。最初に話したように、ルーミーって値引きは渋いわ。ソリオに比べたら特にな。やから、絶対にあきらめちゃいかん。あきらめずに粘って粘って粘るんやね。

 

まえす:
それだけ?

 

現役営業マンM:
そう。だって、みんな真面目やでな。「これ以上値引きしてって言ったら失礼かも」なんて思うんや。営業マンは「これ以上は無理です」って言うしな。けど、それってまだまだイケるんやって(笑)

 

例えば20万円の値引きを最終的にしよう思うやろ?最初5万円、次5万円、その次2万円、その次3万円って値引きしていったとしたら、合計15万円やろ?この時点で何が起こってるかって、@まだ5万円の余裕があるってこと。そしてAすでに4回値引きしてるっていうこと。この2つが起こっとるんや。

 

そうすると「もう4回も値引きしてもらったし・・・」なんて思ってくれるんやな。

 

まえす:
なんかせこいなー(笑)

 

現役営業マンM:
まぁ、そう言わんと。

 

だから、目標達成できるまでは粘ることが大事や。

 

逆に「20万円いけたらルーミーに決める!」

 

これも作戦の1つやで。

 

ということで、値引きについて絞り出し方を話してきました。

 

ポイントはしっかり競合させるということが1つ目にありました。

 

ほとんどの場合は競合さえできていないということでしたので、このページを読んだ方はしっかりと競合させてほしいなと思います。

 

また、「○○円ができたらルーミーに決める!」という目安をもっておくことが大事ということ、値引きは営業マンは小出しにしてくるので、粘らないといけないということも話してきました。

 

なんとしても目標額を達成しないと決めない!くらいの気持ちで臨むことが大切です。

 

しかし、何はともあれ、しっかりとした競合がしっかりとした値引きを生むことは間違いありません。

 

ルーミーの値引きと下取り

現役営業マンM:
で、次が下取りなんやけど、これしっかりやらんと今までの値引きがチャラになるでな。

 

まえす:
それはなんかよー分かるわ(笑)

 

現役営業マンM:
さすが元中古車営業マン、ま、詳しく話そう

 

まえす:
たのむわ

 

現役営業マンM:
例えば60万円の下取り価格が出たとするやろ?

 

で60万円っていう価格を見せたら、まぁ、適正価格やな。

 

けど20万円って見せたらどうなる?40万円うくやろ?

 

そしたらルーミーの値引きで20万円できたとしても、まったく意味なくなるわ。

 

まえす:
下取り価格は低いからな〜。

 

現役営業マンM:
とはいっても絶対に買取には勝てん。みんな知っとうわ、そのことは。

 

けどみんな買取とちゃんと競合させへんねん。やで、損してる。

 

まえす:
じゃあ今まで値引き頑張ったとしても、下取りで意味のうなるってことか

 

現役営業マンM:
そういうことや。しかも値引きができるとな、「下取りは好きなようにどうぞ」という方が非常に多い。これは問題やで。

 

まえす:
それはありがたいなー、営業マン的には(笑)

 

現役営業マンM:
何やろな。みんな値引きは頑張るくせに、下取り全然頑張らんもんな(笑)

 

まえす:
じゃあどうするといい?

 

現役営業マンM:
そやな、一括査定はクソやしな(笑)

 

まえす:
それ言うか〜、僕元査定士やってんねんぞ〜。一括査定もいいサービスやで〜。

 

現役営業マンM:
まぁ、間違いなく、いいサービスやわ。けど、俺の場合は特にいいお客さんにはgoo買取おすすめしとるわ。

 

まえす:
ガリバーとかやのうて?

 

現役営業マンM:
ガリバーもまぁまぁやん、正直(笑)goo買取は、いい買取会社を見つけることができるねん。

 

ディーラーが、買取店を紹介するわけにいかんからな。あ、提携しとるところは別やけどな。やけど、癒着したらあかんねん。で、goo買取いいですよ〜っていいお客さんには伝えるわ。

 

goo買取を使ってみた

ということで、ここで一旦中断して、goo買取を実際に使ってみましたのでそれを紹介します。

 

1:必要事項を入力

買取1

 

2:概算価格の表示と、入力した郵便番号の近くの買取会社の表示を見る

買取2

 

買取3

 

3:レビューをもっと見るをクリック

買取4

 

買取5

 

4:良いレビューのある買取会社に査定依頼

 

 

このような流れです。

 

一括査定と違い、個人情報の入力なしで、概算価格が表示されたり、レビューを見れるのはgoo買取だけです。

 

また、査定会社を選べるので、いいところがなければ申し込まなくてもいいですし、いい所があれば、1社のみ査定依頼をするということも可能なのが特徴です。

 

【PR】

Goo買取

 

ルーミーの値引き商談 最終

まえす:
ということで、ここまで車両やオプションからの値引きもしてきたし、下取り交渉もしてきたと。

 

現役営業マンM:
最後はハンコやな(笑)

 

まえす:
まぁ、そういうことになるけど、最後することもあるやろ?

 

現役営業マンM:
あるある。まずしなかんことは、納車費用とか自分でできることの費用をカットすることやね。

 

まえす:
納車費用は自分で取りに行けばカットできるよな?

 

現役営業マンM:
うん。やで、納車費用がもし入ってたらカットしてもらおう。

 

あとは、車庫証明の手続きやな。

 

まえす:
できるん?

 

現役営業マンM:
実はめっちゃ簡単やで。めっちゃかんたんなのに1万円とちょっと節約できるわ。

 

まえす:
それはやったほうがええな。

 

現役営業マンM:
で、ハンコを押す前にガソリン満タンやね。

 

まえす:
そこまでするんや(笑)

 

現役営業マンM:
一応ここまで満足してればする必要もないけど。まぁ、言っても数千円やし、ハンコも持ってるとなれば、言っても「分かりました〜」ってふつうやってしまうわ。

 

まえす:
なるほどね。

 

現役営業マンM:
やで、最後は自分でできる費用のカットとガソリン満タン、これで終了やな。

 

ルーミーの値引き2017年度版はいかがでしたか?

ということで、かなり長くなりましたが、ルーミーの値引きについて話してきました。

 

ここまでやると、本体・オプションからの値引きが20万円前後、下取りや買取交渉でさらに数万円得できたのではないでしょうか?

 

あとは「やった人が得をする」わけですが、営業マンも言っていたように、

 

「ほとんどの人がめんどくさがることをしっかりやる」ということなので、正直めんどくさっと思った人もいるかもしれません。

 

しかし、それだけで数万円違ってくるわけなので、時給換算したらかなり条件はいいと思います。

 

本体とオプションの値引きだけでも、買取下取り交渉だけでも違ってくるので、せめて片方だけはしっかりやってほしいと思います。

 

(とは言っても、下取り買取やらないと、話にもあったように営業マンの思う壺なので、本体値引きをするより下取り査定を頑張ることがおすすめです。)

 

ということで、長文お付き合いいただきありがとうございました!

 

>>2017年の最新ルーミーの値引きコラムはこちらから<<