ルーミー試乗記

ルーミーへ試乗してきた感想は、ズバリ素晴らしい

こんにちは。
結構前にルーミーには試乗していたのですが、その感想をまだ書いていませんでしたので、今回は試乗の感想をお届けしたいと思います。

 

ちなみに試乗する前は、ほとんど期待せずにいきました。
期待すると、いろんなところに目がいきますからね(笑)

 

では試乗記レポートにうつります!

 

素晴らしいルーミーのインテリア

まず走らせる前。
ルーミーの車内を観察しました。

 

まず思ったのが、スペースがかなりあります!
大きな荷物も積みこめそうですし、ゆったり感があって素晴らしいです。

 

シートも想像以上に素晴らしかったです。
もっと乗り心地が悪いと想像していましたが、いえいえ、だいぶ快適な運転席になっています。

 

また、車は人を乗せますので、後部座席にも座りましたが、全体の大きさに比べて後部座席のスペースが広いと感じました。

 

もちろんルーミーよりもっと大きい車であれば、後部座席もそれだけ快適になるのはもちろんなのですが、それでもルーミーの空間の使い方は他のどの車よりも勝っています。

 

素晴らしい!の一言です。

 

ルーミーへ試乗。その走りはいかに?

そして次に実際の試乗です。
ここでは走りの性能を見ていきましょう。

 

まず加速ですが、可もなく不可もなく。
でも坂道ではある程度パワーが出るようになっています。

 

クセがなく、普段走る道や高速道路でも問題ない走りができるようになっています。
街中を走るにも快適ですし、ちょっと山道を走る時も他の同サイズの車種に比べて走りやすい設計になっていました。

 

雪道やその他の悪路ではちょっと物足りないですが、普段使いには本当にもってこい!というようなドライビング性能です。

 

だからこそ普段使いだけでなく、ちょっとしたアウトドアにも適していると感じました。

 

ゴルフで山に行く時、ちょっとキャンプに行く時。
全く問題ありません!

 

走りも素晴らしいです!

 

ルーミーの収納スペースがとてもいい!

そして「アウトドアもいける」と思った時に気になったのが収納スペースです。
キャンプへ行くにしても結構荷物を載せたりします。
バーベキューグッズを載せるならもっとスペースが必要です。

 

ということで満足感あふれる試乗から帰ってきたら、次は収納を見ることにしました。

 

そしたらびっくり!
後部座席がまるまるフラットシートになります。

 

これには驚きです!
そして見た目以上にそもそも収納がたくさんできるんですね。

 

ゴルフバックも入るそうですが、とにかくライバル車種ソリオより格段に広いです。

 

数字を調べてみると、ラゲッジ(トランクルーム)の広さがソリオに比べてグーンと高かったです。

 

その表がこちら↓

 

  ソリオ ルーミー
最大奥行 1200 1440
通常奥行 440 470
荷室幅(最少〜最大) 1020 1030〜1470
荷室高 520 580
荷室床面〜天井 960〜1000 940〜1100

 

ということでラゲッジの広さは完全にルーミーがソリオに勝っています。

 

ルーミーのここがソリオよりすごい!

他にもソリオに負けない広さをかなりもっています。

 

例えば運転席のシートバックの幅はルーミーの方があります。
よって体格の良い方でも気持ちよく乗ることができるようになっています。

 

後部座席の快適性については先ほどお伝えしましたが、それもそのはず、ソリオよりも40mm広くなっています。
この数ミリが大きな差になって表れていました。

 

また、その後部座席のシートもソリオよりも大きくなっているため、より快適性がアップしています。

 

ルーミーの試乗記まとめ

こうして様々な所を見ながら試乗をしてきたのですが、とにかく言えるのは、「万能な車である」ということです。

 

街乗りがメインの方にも。
山道がメインの方にも。
高速走行がメインの方にも。
アウトドア派にも。

 

だれもが満足できる性能・装備をもっています。

 

これはつまり、どのようなタイミングにも使える万能な車だということです。

 

ただしデメリットは多少価格が高いということ。
つまり、もう数十万円出したらさらに上位の車種が買えてしまう可能性があるということです。

 

しかし、「売れている理由」は見た目も良くて、乗り心地もよくて、快適性もあるという万能性だと思います。
実際上位の車種より優れている部分もありますからね。

 

ということであまり期待はせずに行った試乗ではありましたが、かなりいい車種であることが分かりました。

 

試乗することでよりルーミーに惚れてしまうかもしれません(笑)

 

それではルーミーの試乗記をこれで終わりたいと思います。
長文お読みいただきありがとうございました!