ルーミーの燃費が悪い→実際の所はどうなのか

実際のルーミーの燃費は悪いのか

今回はルーミーの燃費に関するエントリです。

 

というのも、巷では、「ルーミーの燃費が悪い」と評判だったりします(笑)
声に出さなくても、心のどこかで「ルーミーの燃費がもっと良くなればいいな」と思っている人は多いはず。

 

ということで、実際の所は客観的に見てどうなのか、比較していきたいと思います。

 

比較的上位?新型車の燃費ランキングでルーミーは・・・

ということで、まずは新型車を見ていきました。
やはり上位はハイブリッドのオンパレードです。

 

実際に調査したところ以下のようになりました。

 

【1位】ノートハイブリッド 34.0km/L
【2位】C-HRハイブリッド 30.2km/L
【3位】ムーヴキャンバス 28.6km/L
【4位】フリードハイブリッド 26.6km/L
【5位】ルーミー 24.6km/L
ということで、新型車ランキングではルーミーは5位という結果になりました。

 

次に排気量で見ていきました。

 

こちらのランキングもお伝えします。

 

【1位】ノートハイブリッド 34.0km/L
【2位】パッソ 24.4〜28.8km/L
【3位】ソリオ 23.8〜27.8km/L
【4位】ノートガソリン車 22.2〜26.8km/L
【5位】フィット 24.0〜26.0km/L
【6位】ヴィッツ 20.6〜25.0km/L
【7位】ルーミー 24.6km/L
となり、排気量で見ても7位と大健闘しています!

 

客観的に見て、ルーミーの燃費が悪いということはない

こうしてみると、実際ルーミーの燃費は悪いということはなさそうです。確かにハイブリッドと比較するとどうしても燃費は悪く見えます。

 

例えばプリウスは34.0〜40.8km/L。
アクアは33.8〜37.0km/L。
などなど、30km/Lをハイブリッドは超えてきます。

 

しかし例えばソリオハイブリッド。
この燃費は23.8〜27.8km/Lです。

 

そう考えてもルーミーの燃費は悪くないのではないでしょうか?

 

ハイブリッドがないルーミー

ルーミーにはハイブリッド車の設定がありません。
今後も出るという情報はありませんが、「ハイブリッド車がない」ということで、どうしても燃費は悪く見えがちなのかもしれません。

 

ということで、まず結論は、
「ルーミーの燃費は標準的」
ということです。

 

いたって普通ということですね。

 

乗り方次第でルーミーの燃費は良くなる

大切なのは乗り方です。
乗り方でそこまで燃費が変わるのか?→思った以上に変わります。

 

急加速をやめる→1割の燃費改善
ブレーキはゆっくり→2割の燃費改善
アクセルの踏み込みを一定に→燃費改善
アイドリング→10分で0.13Lの燃費節約

 

実際、同じ車における実験で、平均7.9km/Lの車を「急発進なし」「アクセルの踏込を一定」にするだけで、なんと平均燃費はが11.2km/Lまで改善されたという実験があります。

 

普段の運転の仕方で、+4km/Lになることがあるというんです。

 

ルーミーは新型車ですので、ある程度その幅は小さくなっているとは言えど、運転の仕方一つでこれだけの燃費改善が生まれるという事は知っておいてほしいです。

 

燃費改善グッズをルーミーに装着するのはおすすめしない

そこで燃費改善グッズを装着しよう!と思うかもしれません。
一昔前はアーシングなどは効果的でした。

 

しかし、ルーミーにおいて、必要があるかと言われれば、必要はないと思います。

 

もし、改善できるグッズがあれば、もちろんメーカーは知っているでしょう。
そしてコストが安ければ装着させているでしょう。

 

その点で唯一おすすめするならトヨタのアルミテープです。
こちらはメーカーが導入したということで話題になった製品です。

 

 

実際「効果があった」という声が多数ありますので、メーカーが導入するだけの力はありますね。

 

ルーミーは能力に対しては燃費がいいです

最後に、ここからは個人的な意見になりますが、ルーミーは運転性能に対して燃費がいいと思います。
ある程度山道も走れますし、高速道路でもしっかり速度が出ます。
この部類の車では非常に珍しいです。

 

そう考えると、「どこでも使えるコンパクトカー」として、この燃費は合格点だと私は思いますし、むしろいいとさえ思っています。

 

ここは個人個人の考え方による所が大きいのですが、ランキングでも示した通り客観的に見ても悪くはありませんので、「悪すぎる!」という評判はあくまで「個人の主観」が大きいように思います。

 

それでは「ルーミーの燃費が悪いと評判な件」についてでした。