ルーミー オプション 値引き

ルーミーのオプション値引きをしよう

こんにちは、元査定士まえすです。
今回は現役ディーラー営業マンに聞いた話を元に、ルーミーのオプション値引きについて考えていきます。

 

ルーミー内装

 

その前に、土台となるお話をしておきますね。

 

ルーミーも含め、自動車を買う時には、2つのオプションが存在しています。

 

1つは「メーカーオプション」です。

 

ルーミーのメーカーオプションには下記のようなものがあります。

 

・エアバッグ
・LEDイルミネーションランプ
・連動ナビ
・ステアリングスイッチ
・パノラミックビュー

 

このような、工場でしかつけられないものが基本的にメーカーオプションだと思ってください。

 

しかし、そのほとんどは2つ目の「ディーラーオプション」になります。

 

メーカーオプションは値引きはできませんが、このディーラーオプションは値引きをすることができます。

 

見積書も分かれているはずなので、このディーラーオプションからどれだけ値引きができるかが、ルーミーにおけるオプション値引きのポイントです。

 

ルーミーのディーラーオプション値引き限界

基本的に値引き額や限界額は決まっています。
営業マンに聞いたところ、「30%」が限界額で、だいたい「15%」が平均額ということでした。

 

30万円分のオプションを付けた場合は、限界が9万円、平均的には4.5万円の値引きができるということです。

 

ですので、「いくら値引きできたか」ではなく、「何%値引きができたかが大事」になります。

 

ルーミーのディーラーオプション値引きのコツ

つまり、1つ1つのオプションを見ていくよりも、全体で一気に値引き交渉をしたほうが良いです。
1つ1つ交渉されても、営業マン的には印象は上がりません。

 

よくある方法としては、電卓でオプション総額の30%を計算しておいて、それに相当するオプションを無料にしてもらうということがあります。
これなら実質30%引きにすることができますね。

 

もう1つは、サービスでつけてもらうという方法です。
こちらは今現在のオプションをサービスにしてもらえば実質値引きですし、新しい見積もりにはないオプションを無料でつけてもらうこともできることがあります。

 

撥水コートなどが代表例ですね。

 

要するに、15%〜30%ディーラーオプション値引きができれば、方法はたくさんあるということになります。

 

 

ルーミーのディーラーオプション裏技

そして裏技も実は存在しています。

 

自動車を買う時には自動車取得税がかかっていますね。

 

この自動車取得税は、このような計算式で出されています。

 

「取得価額×3%」

 

例えば20万円分のオプションを後付にした場合、

 

200,000×0.03=6,000円

 

これだけお得になるという裏技があります。

 

価格が大きくて、後からつけても問題ないディーラーオプションは後付けをしていくといいかもしれません。

 

※さらにキャンペーンなどでそもそもオプション類が10%〜20%OFFになる時がありますので、そのタイミングでつけるとさらに安くなります。

 

ルーミーのオプションを見直そう!

30万円のオプションをつけて30%値引きをしたら9万円ですから、かなり大きいですね。

 

しかし、商談で交渉をしていかなければならず大変な面も確かにあります。

 

そういう時にできるのが「見直し」です。

 

例えばフロアマットデラックスタイプは27,000円、ベーシックタイプでも18,360円がかかります。
しかしこれを市販品にすると9,000円で済ませることができます。

 

9000円得できたらどのようなことが起こるのか?ということですが、例えば・・・

 

9000円は30%値引きとして3万円分の値引きの価値があります。
9000円は15%値引きとして6万円分の値引きの価値があります。

 

こう考えると、一生懸命ディーラーオプションの値引きをするより、市販品で代用していったほうが実は効率的な面があります。

 

例えばナビも市販品のほうがかなりお得になります。
パノラミックビューが必要ないということであれば、検討するに値します。

 

ぜひ、余分なものがついていないかどうかチェックしてみてください!

 

購入会社を変えることでさらにお得に!例えばオートバックスなら・・・

違う記事でオートックワンについて書いたので、今回はオートバックスについて書きますが、実はオートバックスは新車販売もしています。

 

そして安いです。

 

なぜならオプションが市販品に簡単に変えることができ、さらに5%OFFというおまけつきだからです。

 

このようなメーカーではない販売店で見積もりを出してもらうのもおもしろいかもしれませんよ!

 

それでは一旦これで、ルーミーのオプション値引きの記事を終わりたいと思います。

 

ぜひ他記事も楽しんでくださいね^^

関連ページ

ルーミーに電源をつけ充電する
トヨタルーミーで電源を付けるにはどうしたらいいでしょうか?
ルーミーのフロアマットと防汚シート
ルーミーのオプションフロアマットと防汚シートについて、安く手に入れる方法を教えます
コンパクトカーで車中泊をしよう
コンパクトカーで車中泊をするなら!おすすめマットやフルフラットにできるルーミーの特徴、グッズなどを紹介します!