ルーミーの値引き相場

ルーミーの値引き相場はいくら?

「実際みんなどれくらいルーミーの値引きができているのか知りたい」
「どれくらいが相場なの?」
このような値引き相場をお伝えするとともに、その値引き額を超えるための交渉テクニックについてもお伝えしていきます。まずはルーミーの値引き相場を追っていきましょう。

 

雑誌でのルーミーの値引き相場

まずは自動車雑誌で見ていきましょう。様々な雑誌を見てきましたが、その多くの目標額はズバリ!!!「10万円」このラインまでいけば合格点とされています。実際の平均値としては「13万円」となっていて、このくらいであれば値引きが可能であるということが分かります。

 

※実際にはもっと値引きが可能です。実際に私もルーミーの値引き商談をしていますが、値引き23万円を手に入れることができました。相場は相場、値引きは値引きですので、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。→ルーミーをオートックワンで見積もりしてみた

 

ではルーミーの値引き相場が約10万円前後と分かったところで、次は実例を見ていきましょう。

 

 

ルーミーの値引き相場実例1:9万円値引き

まず、カスタムGTの商談実例です。こちらは本体価格が1,965,600円。最上級グレードの1つです。

 

こちらでは最初の見積もりで

 

本体から5万円
オプションから4万円

 

合計で最初の商談では9万円の値引きを獲得した事例がありました。

 

ルーミーの値引き相場実例2:10万円値引き

次に10万円値引きの実例です。
同じくカスタムGTですが、姉妹車「トール」や「タンク」と競合させた結果として、

 

本体から10万円
メンテナンスパック 4万1千円
コーティング 4万3千円

 

合計18万4千円の値引きに成功した事例もあります。

 

こちらは上手に本体とオプションを分けて交渉した結果ですね。

 

ルーミーには減税もあることを忘れずに

まず2つの事例を出していきましたが、ありがたいことにルーミーには

 

1:取得減税 60%
2:重量税減税 50%
この2つがあります。

 

この2つの合計は5万4千2百円。

 

つまり、ここまでの2例については、下取りなしと仮定して、14万円〜15万円の値引きが実質できたことになります。

 

しかし、受け取り方によっては、「お得」なのですが、実際「10万円」ほどしかできていないことになるので、実感値としては「まだまだイケそうだな」というのはあるようです。

 

ルーミーの値引き相場実例3:17万円値引き

次はカスタムGS4WDの値引きについてです。

 

こちらは本体価格が2,008,800円となり、最高級グレードです。

 

結果として、17万円引きとなったそうですが、グレードが最上級になるとこのくらいは普通に出てくるのかもしれません。

 

ここで思うことは、だいたい14〜19万円の数字がでると満足感が表れてくるということ。

 

一般ではまだまだルーミーは値引きが渋く、10万円いけば合格点と思われています。
そこでそれを超える数字が出てくると、ついついOKを出してしまうイメージです。

 

ここからさらに頑張ることも検討できそうです。

 

それでは次の事例も見ていきましょう。

 

タイミングを見計らえば、24万円の値引きもできる!

実は大事なのはおおいに「営業マン選定」にあったりします。
いつもお世話になっている営業マンに頼むのも1つですが、何よりタイミングが実はとても重要です。

 

少数の人しかやっていない、そして知らない事実なので、「え?ほんとに?」と思われるかもしれませんが、例えば目標台数まであとちょっとという営業マンや、お店全体が販売台数をもう少し伸ばしたいと思っている場合、値引き額が大きくなります。

 

これには店舗や個人の「報奨金」にからんでくるからです。

 

さらには、個人のインセンティブとしては、高く売ることよりも、「台数を稼ぐ人」のほうが重要視されます。

 

よって新車ではとりわけ台数を稼ごう稼ごうとします。

 

よってタイミングさえよければ、24万円というのも大いに値引き可能ということです。

 

これも1つの事例です。

 

ルーミーの値引き相場実例1:カスタムGS 23万円値引き

次にカスタムGS。こちらも上位グレードですが、本体・オプションから23万円引きの事例もあります。

 

これも「このくらいできるんだ」という知識としては持っておきたい目標額です。

 

実際20万円台を成功している方に共通しているのは、営業マンが値引きできる範囲を良く知っているということです。

 

例えばオプションでは、ナビ無料やドライブレコーダー無料など大きなものを無料にしてもらうイメージが未だに強いですが、知っている人は、それらは割引くらいで、フロアマットやバイザーなど、安いオプションを無料にしていきます。

 

こういう細かい金額をそぎ落としておくことが、とりわけルーミーでは必要です。

 

では相場はどれくらいなのか?
まだまだデータが少ないのが現状ですが、見ていきましょう。

 

 

 

 

ルーミーの値引き相場をズバリお伝えします

ここまで4つの事例をみてきました。
結局のところ、相場を知ることが大事ですので、実際の相場を見ていきたいと思います。

 

通常のG-S:本体10万円 OP 5万円 総額15万円
カスタムG-S:本体10万円 OP 10万円 総額20万円
カスタムG-T:本体10万円 OP 10万円 総額20万円

 

もちろん下位グレードになればさらに渋くなり、上位グレードになれば、さらに頑張れる余地があるという状況です。

 

結果的には20万円が1つの目安であり相場と考える

最後にまとめですが、ルーミーの場合は、新型車とはいっても、渋いと言えば渋いですが、緩いと言えば緩いです。

 

例えばレクサス。
RXはSUVの最高級モデルで、最低でも本体価格が500万円です。

 

しかし、10万円も値引きが「できません」

 

同じくレクサスLX。
こちらは一千万円。

 

しかし3万円おまけでついてくるような感じです。

 

ダイハツムーヴキャンバスは同じ時期に出ていますが、こちらのほうが渋い。
さりげにスズキのアルトも渋いです。

 

例えばマツダのデミオも2014年発売ですが、まだまだ渋い渋い。10万円が目標です。

 

そう考えるとルーミーは緩いです。

 

ですので、思い切って商談に臨みながら、姉妹車もありますので姉妹車との競合、また、ソリオとの競合をうまく活用していきましょう。

 

ということで、値引き相場は一旦20万円として、この記事を終わりたいと思います。

 

長文お読みいただきありがとうございました。