タバコと車の査定への影響

タバコ(喫煙車)と車の査定との関係性

こんにちは。
今回は車の査定とタバコとの関係についてです。

 

「タバコは査定に悪影響・・・」
こう分かっていても、そこで我慢するともっと苦しいのがタバコ。

 

喫煙される方の気持ちはよーく分かります!

 

だからこそしっかりデメリットを見たいんだと思います。車を買い替えた時に、メリットが小さければ「車の中でタバコを吸う」選択ができますし、逆に査定に大きな影響を与えることを知れば、「タバコを車の中で吸わない」という選択もできます。

 

また、査定前に喫煙車だからこそやっておきたいテクニック、そんな裏ワザについても解説していきますね!

 

タバコが査定に影響する場合

タバコを車内で吸っても、査定に影響する場合と影響しない場合があります。これには実際の査定を想像すると話は早いのですが、そもそも査定士はどこを見て喫煙車と判断するのでしょうか?

 

それは「におい」です。
車のドアを開けた時にタバコ特有の臭いがしたら、その時点で減点対象となります。

 

しかし、車内でタバコを吸ったとしてもその後しっかり換気をしたり、定期的に社内の清掃をして、タバコのヤニをとったりしていたとしましょう。そして、車内にタバコの臭いがないとしましょう。そしたらどうなるでしょうか?

 

この場合は「減額なし」です。

 

つまり、「車内にタバコの臭いがあるかどうか」が重要になってくるのです。

 

どうしてもこびりつくタバコの臭い

車内でタバコを吸うことで車のシートや天井に臭いがつきます。
要するにこれが問題です。

 

そもそもなぜ喫煙車が減点対象になるかと言えば、車内クリーニングにお金がかかるからです。

 

よくよく考えてみると、中古車市場で「修復歴のあるなし」は表記されても、「前のオーナーがタバコを吸っていたかどうか」は中古車情報誌には載っていませんよね。

 

つまり、タバコの臭い対策は「可能」ということになりますし、ここを気を付けていれば、査定に影響が出ないこともあるということです。

 

タバコを吸っても査定に影響が出ないようにする裏ワザ

「査定を控えたものの、タバコを車内で吸っていて、結構臭いも残っている・・・」
「喫煙車だったけど、禁煙車に戻したい・・・」

 

次はそんな方に向けて、車の手入れ方法をお伝えします。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

天井に特殊なスプレーを吹きかけていますよね。

 

こちらはプロ専用のクリーナーなのですが、さすがネット社会。
プロの使う商品が簡単に手に入ります。

 

※最後の作業は手作業でもOKです。

 

定評があるその商品とは「マルチクリーナー「CDC」です。

 

実際こちらを使用することで、「車の中のタバコ臭がなくなった!」という人が数多くいる商品です。

 

値段もたったの2000円。
量もたっぷりありますのでお得な商品となっています

 

エアコン部分のタバコ臭も撃退!

これで天井部分やシートのタバコ臭をとれたと思います。
次はエアコンです。

 

これもタバコの臭いが結構ついています。

 

これはエアコンフィルターを交換するだけでも結構な効果が出ます。

 

↓実際のエアコンフィルターの汚れ動画がこちら

 

エアコンフィルターの交換は自分で簡単に行えます。
お金も車種によって違いますが2000円ほどですので、こちらも気軽にやってみましょう。

 

シートも天井もエアコンフィルターも掃除したけどタバコ臭が。。。

さて、ここまでしっかりやっても、なかなか落ちないタバコの臭いがある場合。
そうなった時には3つの方法が残されています。

 

1:そのままあきらめて乗る・査定依頼する
2:パーツを外してさらに洗浄する
3:清掃業者にお願いする

 

この3つの方法です。

 

ここまでやってまだ臭いがある場合は、他の部分にもヤニなどの臭い発生源が付着しているということです。

 

そこまでいくと業者並みの作業が必要になってきます。
ですので、第一選択肢は「あきらめる」です。

 

しかし、あきらめたくない方は、様々なパーツを外して徹底洗浄が必要になります。

 

それが面倒だったり、できないという方は、清掃サービスを提供している業者に持ち込むという方法があります。

 

とは言っても、
1:マルチクリーナー「CDC」を使った車内清掃
2:エアコンフィルターの交換

 

この2点でおおよその車内のタバコの臭いは減っているはずです。

 

この2つをやっても5000円以内に収まりますので、まずはこの2つをやってみて、無理であればあきらめるという方法がおすすめです。

 

※業者へのクリーニング依頼はお金がかなりかかります。それなら減額された方がマシである場合が多いです。

 

タバコを車内で吸う場合はコゲに注意!

どうしても修復できない車内のタバコ問題。それは「こげつき」です。

 

ついついシートに穴をあけてしまった、天井に焦げ跡がついてしまったとなると、こちらは修復できないということになります。
そうした場合、一か所につき1万円程度の減額になります。

 

車内でタバコを吸ったとしても臭いの原因を落とせば臭いがなくなるのですが、この焦げ付きはどうしようもないため、ここだけは是非気を付けてください。

 

おすすめはタバコを車内で吸うならいっそのこと「灰皿」を用意しましょう。
焦げ付きは一度ミスをしたら終わりです。

 

よって、しっかり灰が灰皿の中に落ちるような、そんな形のいい、あなたの吸い方に合った灰皿をぜひ見つけて欲しいと思います。

 

車内のタバコと査定のまとめ

それではここまでをまとめます。

 

1:タバコ臭は査定の減額対象である
2:臭いがなければ減額対象にはならない
3:臭いは自力で落とすことができる可能性がある
4:内部にまで浸透しきったタバコ臭はあきらめる方がいい
5:しっかりとした作りの灰皿をいっそのこと車内に設置する
6:こまめな社内清掃と換気を心がける
7:焦げ付きにはかなり要注意!

 

今回対処方法もお伝えしてきましたが、今後どうするかはしっかり考えたいものです。
私は車内でのタバコはやめることにしました。

 

なぜなら手間がどうしてもかかるからです。
洗車ごとに車内をしっかりクリーニングするのに疲れてしまいました。

 

しかし、とりあえず臭いをなくしたい!という方は、先ほど紹介したマルチクリーナー「CDC」を使ってみてください。驚くほど汚れがとれて無臭になるのでおすすめですよ!